梅雨が明け、毎日暑い日が続きます


暑い日が続くと、熱中症にかかりやすくなってます、もちろんペットもご注意ください。


外での散歩中にかかりそうですが、室内で普通に過ごしていたり、留守番中にかかるケースがあるので注意です



熱中症は、気温や温度が高い日、日差しが強い日、また過度の運動などにより、


ペットがふらふらする、ぐったりする、息苦しそうにしている、よだれが多く出る、


体が痙攣する、食欲低下、水を飲まない、発熱、下痢、嘔吐などの症状が見られます。


なかでも、特によくある症状は、「ぐったりしていた」「息苦しそう」「食欲低下」


「ふらふらしていた」「普段よりもよだれが多く出ていた」といった症状です。


このような様子や行動はペットからの熱中症のサインとして参考にしてください。

2019年08月03日更新
キーワード: ペット